【自己紹介】はじめまして。松本典子です。

【ありのままの貴方に輝きを少しプラスする】をモットーに東京・日本橋浜町でイメージアップコンサルティングサロン「Studio Nori」を主宰しています。

サロン選びに迷いに迷ってこちらのサイトにたどり着いた方も多いのではないでしょうか?

どんな人がやってるの?怖い?話が合うかな?と、ご来店されるまで不安が募るお客様もきっと多いと思いますので、詳しく自己紹介をさせていただくことにしました^^

もう松本には何度も会ってる!セミナーで見た!という方も、お時間が許せば読んでくださったら嬉しいです。

宮崎生まれ宮崎育ち。18歳で茨城へ。就職で東京に。

4人家族の末っ子で、高校卒業までの18年間を宮崎県宮崎市で過ごしました。いまも長いお休みは実家に帰って、地元の友人や恩師のところに遊びに行っています。(コロナ期間中はまったく帰れていませんが。涙)

高校は希望して学校の裏の寮で集団生活をしていました。当時寮ができたてで綺麗だったことと、クラスメイトがたくさん入寮していて楽しそうだった(!)ので、家からそう離れてはいなかったのですが、定員の空きを知って入寮しました。

この判断、間違ってなかったです。女子寮って本当に楽しい。笑 笑いあり涙ありの高校生活を終え、大学進学のために茨城県へ。一人暮らしスタート!!

大学時代は大学新聞部に入って真面目に活動したり(部長もやりました。当時は部員がとても少なくて、皆で本当によく頑張りました。正直この後の会社員生活よりも忙しかった。。)、軟式野球サークルのマネージャーをして合宿に行ったりと、のびのび過ごしました。昼間から芝生に寝転んだり、学内にたくさんある池や噴水の横でBBQをしたりと、都会の大学とはまた違った面白さがあったと思います。

リーマンショックから立ち直る前の就活でかなり厳しい状況で大苦戦しましたが、運よく卒業後は出版社に入って編集の仕事に就きました。女性の管理職も多く、子供を産んでからもキャリアをステップアップさせている社員さんが多い職場でした。右も左もわからない私になんでも教えてくれて、優しく指導してくれて、社会人の基礎を教えてくれた大切な会社です。

青山にある会社だったので、終業後は表参道で同期と飲んだりして「うわー!都会のOLやってるやん!ドラマか!」と一人舞い上がっていましたね。。もっと仕事しろよ自分。汗

でも、あるときよぎるんですね。「私の人生ってこのままぬるっと続くのかな?」って。。

今思えば「ぬるっとやっていけるなんてめちゃハッピーなことよ!!周りも良い人たちばかりだしアンタ何考えてんの!」という感じですが、でも社会人になって数年たつと皆一度は考えるもんだと思います。

そんな時に結婚、そしてその後夫の転勤の話が出てきて状況が変わっていきました。

地方に出版社はない!自分でできる仕事をしなきゃ!

田舎生まれだから知っていますが、地方には出版社がないです。さらにまだまだ経験の浅い編集者を正社員で雇ってくれる出版社なんて夢のまた夢。でも当時の私ができることは、何かを書いたり、取材・編集したりすることだけ。

当時はリモートワークの概念も、そんな働き方をあっさりと認めてもらえる状況でもなかったため、今の会社を辞めたら雇われるのは期待せずに、自分で何らかの事業をしなければと考えていました。

そしてまた、上京して会社に入ったころに、青山で働く女性たちのオシャレさ、キャリアがあって忙しい人でも身づくろいがしっかりされていて、全身から仕事のデキっぷりを漂わせているところに衝撃を受けて、パーソナルカラー診断を受けに行ったことを思い出しました。

出身も大学も牧歌的なところだったせいか、私はメイクやお洒落の練習をするのに出遅れていて、何をやってもあか抜けない。休憩時間にトイレの鏡を見ては「先輩たちみたいに綺麗にはなれない」と自信を無くしていたとき、パーソナルカラー診断に出会いました。

そして診断を受けて衝撃を受けました。

当時はベージュ流行りの時代でしたが、パーソナルカラーサマーの私にはベージュのメイクも服も似合っておらず、芋っぽさを強調してしまっていたこと。カラーリングの色が抜けやすく、明るい茶髪になっていたのがさらに良くなかったこと。(サマーさんはピンクブラウンに染めたとしても、数日洗ったら黄色っぽく髪色が抜けてしまうことが多いんですよね。当時は何も知りませんでした)。

そして診断を受けてメイクやお洋服を一気に見直して自信を取り戻したことを思い出しました。

そうだ!パーソナルカラーの資格を取って開業しよう!

自分の味わった感動をもっと広めたい。その気持ちに気づいてからの行動は早かったです。

今のようにパーソナルカラー診断が大流行する前だったので、どこで習ったら良いものか…と思っていたのですが、自分が診断を受けた先生がめちゃくちゃ分かりやすくてキャリアも指折りの長さだったので(その後のブームで先生はファッション誌引っ張りだこ、本の出版…と有名人になられました)、思い切って連絡してみることに。

そうすると普段は生徒募集をしていないのだけれど、ちょうど1人アシスタントが辞めるので、アシスタントを目指して習いに来ても良いというご返事が。

奇跡ですよね。なんというタイミング!!

そこからOLをしながら平日夜にレッスンを受け、ディプロマを取得。その後は平日夜と土日にアシスタントとして先生のレッスンに入らせていただくという毎日が始まりました。

平日昼間は会社員、夜と土日はサロンアシスタントの生活なので、一時期は本当に休みなく働いたと思います。先生も「忙しかったらアシスタント入れなくても全然大丈夫だよ」ととってもお優しいのですが、もうこればっかりはやった分だけ実力になると思い、お声がかかった時には必ず最優先でアシスタントに入っていました。

とにかくパーソナルカラー診断は実践が命です。スクールで基礎は教えていただけますが、正確な診断結果を導き出すのは至難の業。奥が深いんです。

私は先生の横で正確でわかりやすい診断の様子を何百回と見てきました。正確な診断を見た回数ではだれにも負けないと思います。そしてそのおかげで、難しいと言われるカラー診断を迷いなく行えるようになりました。先生がお休みの日の代理としてレッスンを任せてもらえるようになった時には、本当に嬉しかったです。独り立ちも近い!とワクワクしました。

いよいよ開業。自宅サロン→シェアサロン

何事も小さく始めよう。そう思ってまずは自宅の一室からスタートしました。そのころには会社も辞めていて使えるお金も限られていたので、ミニマムスタートになりました。

友人にお試しで来てもらって、つぎは友人の友人という数珠繋ぎ方式でヨチヨチとサロンがスタートしました。自宅だし、あやしいよね?サービスとして成り立ってる?お茶の出し方とか大丈夫?と不安だらけでした。HPも友人に作ってもらいました。

ツイッター等に感想や漫画を上げてくださるお優しいお客様もいらしてくれたおかげで、少しずつ予約が入るように。開業当初に来てくださった皆様には本当に本当に感謝しています。

そして徐々に自信もついてきて、しばらくしてシェアサロンに移りました。

ここでもシェアオフィス運営会社のお姉さんたちが皆優しくて、沢山助けていただきました。そしてありがたいことにご予約をたくさんいただけて、1~2年でこちらのシェアオフィスを卒業することができました。

さて、ここまで読んで「あれ?夫の転勤はどうなった??」という方、いらっしゃいますよね。笑

なんと夫はこの間に転職が決まり、引き続き都内で暮らすことになったのでした。え、私が会社を辞めた意味…となりますが、そのころにはパーソナルカラーに熱が入っていたのでどちらにしろ辞めて開業する道は同じだったかなと思います。笑

ついに!自分だけのサロンを持つ日が…!

シェアサロンでお部屋の空きを押さえるのが難しくなってきつつあり、独立したサロンに移ることを考え始めました。

お客様には「ここに来たら何かが変わる!前向きに変身できそう!」と感じていただきたかったので、綺麗なビルであることが重要事項でした。そして通勤も楽な方が良い。

そんなときに今入居しているビルに空き部屋が出たことを知り、早速応募しました。実はここ、以前から「いいな」と思っていたところだったのですが、その時には満室で空きがなかったビルだったんです。

空きを知ってすぐ連絡し、即入居しました(2019年)。それから今に至ります。

そしてまたこのビルのスタッフさんたちもとっても良い方ばかり。皆優しいし明るいし、私は職場に恵まれるなぁとしみじみ思います。

ビル1階のカフェも天井が高くてとても素敵なんです。出勤すると1杯ドリンクを飲み、お休みの日には私と夫でカフェランチやアフター5のビールを楽しんでいます。

人生の岐路に立つあなたを応援するサロンでありたい

まだまだ短い私の人生ですが、自分の人生をどう生きたいのか?と考えたときに、多くの友人や家族が背中を押してくれて今があります。

特に女性の人生は男性に比べて、人生ごと変わってしまうような選択を迫られる回数が多いですよね。結婚する?仕事する?出産する?しない?…と思い通りにならないことにもたくさん遭遇します。

自分の人生だと思っていたけど、いつの間にか自分が脇役になってしまっているのでは?と焦る瞬間があると思うんです。私にもありました。

そんなとき「自分はどんな人間なのか?」という疑問に1つの答えをくれるのがパーソナルカラー等の診断系のレッスンだと思います。

自分を知ったその先に、自分がどうありたいのか、ありたい自分に近づけているのか遠ざかっているのかを冷静に見て、近づくための具体的な方法を導き出していく。。

生き方というシリアスな問題を解決するために外見に気を遣うなんて、うわついてる。そう思うかもしれませんが、外見を変えたり自分の気に入るように整えることで、内面に変化が起こります。自分の選択に自信が持てるようになります。

「一歩踏み出したい」。サロンでのレッスンを通して、そんな方の背中を押したいと思っています。背中を押してほしいなという方はぜひStudio Noriにお越しくださいませ。

お会いできる日を心待ちにしています。

Studio Nori 松本典子

メディア掲載/セミナー出演情報はこちら