メイク更年期?あさイチで取り上げていた年齢とメイクのお悩み。

image

画像は井川遥さん。スプリングの方ですね。私もスプリングだったらこんなかわいいリップをしてみたい。。

さて、NHKのあさイチで「メイク更年期」なるものが特集されていました。
私は友人からの連絡で見始めたので、特集の後半部分しか見られなかったのですが、「いままでのメイクがしっくりこなくなるのは見直しの時期だから!」という内容でした。

番組では実際にメイクを見直して、あか抜けた脱更年期メイクも披露されていました。

なぜ若いころは「適当でもOK」「流行色なんでも付けてOK」だったのにいつのまにか「昔からやってきたメイクが似合わない・・・!」となるのでしょうか?

原因はいくつかあります。

①眉の形が古い

②メイクの色遣いが間違ってる

この二つが主な違和感の正体です。

あさイチでもこの二点は指摘されていましたね。
まずは①眉の形。

お洋服ってそのシーズンに売ってるものを買えば、自動的に流行に乗ることができます。
一方メイク、特に眉毛の形は自分で気を付けていないとあっという間に時代遅れになってしまうので要注意です。自分は毎日自分の顔を見ているので違和感に気が付きにくいですが、ぜひ半年に一度はメイク雑誌の表紙だけでも立ち読みしてください。モデルの女の子の眉の長さ、太さ、色味と自分の眉を照らし合わせて、「あれ、なんかズレてきたな」と思ったら修正のタイミングです。

雑誌の真似でもいいですし、美容室や眉毛サロンで流行に整えなおしてもらうのでも良いので眉を修正してみてください。太眉ブームも終わりを迎えそうなので要チェックです。

つづいて②。色遣いが間違っている場合。
ここはパーソナルカラーの出番です。

まず、年齢が上がるにつれて皮膚の発色は弱まってくすんでいきます。若いころ平気だったベージュのリップが、年を取るにつれて濃いオレンジに変えないと顔色がぱっとしなくなったりしますよね?
生まれ持った華が薄まってくるので人工的に華やかさを盛らないと顔色が良くなりません。

華やかな色と一口に言っても、バラのような赤なのかトマトのような赤なのか、赤だけでもさまざま。その中で自分の顔色をよりきれいに引き立ててくれる赤を投入することが大切です。

自分に似合う赤はどの赤なのか、自分自身で判定するのは難しいものです。しかも好きな色=似合わない色の場合が多いので、大切な時に真逆の色を使ってメイクしてしまって、自分ではキレイと思っても、同窓会の後なんかで自分だけ老けて見えたり太って見えたりする集合写真が送られてきて、あとから似合ってなかったと気が付いて凹んでしまうこともあり得ます。

同じお金と時間をかけてメイクするなら、もちろん自分をよりよく見せる仕上がりにしたいですよね。

でも、その方法がわからないの!という方にはまずとっかかりとしてパーソナルカラー診断をおすすめいたします。

お近くの診断サロンや、Studio Noriで一生に一度の診断を受けてみてください。コスメやお洋服を断捨離して、似合うものだけ集めていくのはとても楽しいですよ^^

noriko

東京・日本橋 パーソナルカラーサロン
Studio Nori ご予約⇒http://studio-nori.com/