遠方での結婚式準備のコツ ~私の場合@東京⇔宮崎~ その1

image

初めて友人の結婚式に出席したのはいつだったでしょうか(遠い目…)。

私も数年前に自分の結婚式を経験して、その準備の大変さと当日の楽しさを実際に体験しました。
夫とタッグを組んで、数百万円を掛けたビッグプロジェクト(こんなに沢山の人を招待するパーティなんて開いたことない!泣)を成功に導くのは思った以上に大変なことで、仕事の時と変わらない計画力・判断力・実行力が要求されました。会社から帰ってきてもう一個別の仕事をしている感じ。ヒー。。式場スタッフの皆さん、プランナーさん、家族、友人にもとってもお世話になりました。

通常の式の準備でも大変なんですが、私たちは都内在住ながら地元・宮崎に戻って結婚式をしたため、毎週式場に通うわけにもいかず、とにかく一つ一つの報連相と式場スタッフとの意思疎通、衣装や会場装飾の選択・決断をどれだけスムーズに間違いなく行うかが大きなテーマでした。

遠方での式というと私たちのようなUターン挙式やリゾート婚があると思います。ドレスもメイクも会場も実際に目にする機会が少ない中で準備をするのは大変だと思いますが、私たちの経験が同じような状況で結婚式を計画されている方の参考になればと思い、何回かに分けてシェアさせていただきますね。

遠方での結婚式をスムーズにするコツ✨

Let’s Start ★

◆遠方のブライダルフェアは行けないけど…

image

結婚を決めたらブライダルフェアに行くイメージありませんか?

◆帝国ホテルのブライダルフェアには行ってみた✨

ゼクシィにフェアの広告がたくさん出ているので私も行ってみたくなり、帝国ホテルのフェアに行きました。そのときにはすでに地元婚と決めていたのですが、最高峰を見ておくとなにかと参考になるのかな~と思って。

結論からいうと見ておいてよかったですね。地元の式場が都内と劣らず素晴らしいということ(特にロケーションが素晴らしいのは遠方挙式の醍醐味ではないでしょうか。広い敷地・広い空をリーズナブルに楽しめる✨)や、式場って好みなので超有名ホテルだから自分の希望を全部満足させてくれるわけではないこと(それぞれに特色があること)が良く分かったからです。まぁ披露宴の見積もり金額も100万円単位で全く違いましたが。笑

さすが帝国ホテル様です。いつか友人がここで挙げてくれるのを心待ちにしております。^^

◆式場はシェラトン。ホテルウエディングにしました。

image

挙式・披露宴は宮崎のシェラトン・グランデ・オーシャンリゾートさんで行いましたよ。県外の方も「シーガイア」といえば分かるでしょうか?そこです。笑

式場の仮予約を行ったのが1月で、実際の挙式・披露宴は同じ年の12月末でした(これは年末の帰省期間中に挙式をしようという考えからで、1年前から予約がいっぱいというわけではないです)。それに友人の多くが地元を離れて働いているので、長期休暇中でないと宮崎に戻ってこられないんですよね。結果的に都内在住の友達(実家は宮崎)にもたくさん参列してもらえて、本当に本当にありがたかったです。みんな、どこで式をしても私行くからね~(;;)

◆式場を選んだ理由

選んだ理由はいくつかありますが、まず遠方での式なので招待客がホテル泊できるよう、ホテルウエディングにしました。
空港からのアクセスを考えると宮崎市内が良いので、自然とホテルウエディングの会場も絞られてきます。宮崎観光ホテルかシェラトンか。ほぼこの二択ですね。最近はガーデンテラス宮崎も有名ですかね。

天空のチャペル~地上141mと270度の大パノラマ~という文句と、宮崎出身の川越達也シェフの料理が披露宴で食べられるというところに惹かれ、シェラトンにしました(お料理は本当においしくって定番を少しひねったメニューで好評でしたよ)。

また、親戚が同じ式場で以前挙げており、父親が「良かったよ~」と言っていたこと。その親戚の紹介で少し割引があったことも大きいですね。

大抵の式場は紹介割引があると思うので、めぼしい式場があれば「その式場に初めての見学予約を入れる前」に同じ式場で挙げた知人がいないか探すといいです。初回の見学時に「○○さんからの紹介で…」と言うと割引メニューが提示されることが多いので。初回を逃すともう割引がなかったりするので、とにかく見学に行く前に周囲の知人をたどって同じ式場で挙式した人を探すといいかもしれません。実際の感想も聞けますしね^^

長くなってきたので続きは次回。いよいよ式場とのやり取りに入りますよ~✨

ウエディングの前にはパーソナルカラー診断がおすすめです。このメリットについてもどんどん書いていこうと思いますが、ひとまず今日はここまでです。ではまた次回

noriko
東京・日本橋 パーソナルカラーサロン
Studio Nori ご予約⇒http://studio-nori.com/