初めてでも大丈夫!コスメカウンターに行ってみよう♡

image

こんにちは!
今回は、意外と多い「デパートのコスメカウンターに行く勇気がないの…!」という貴女へ、攻略法をまとめてみました^^

デパートのコスメカウンター、皆さんは立ち寄ったことはありますか?
バッチリメイクの素敵なお姉さんたちがカウンターの向こうから微笑んでいる、素敵かつちょっと近寄りがたい空間。
それがデパートのコスメカウンターです。

image

今では毎週のようにデパートのコスメカウンターに立ち寄っては美容部員さんから新しいコスメや使い方を勉強させてもらっている私ですが、コスメカウンターデビューしたのは20歳を超えてから。

都内のオシャレ大学に通う友人との買い物で、「ちょっと寄っていこうよ~」と言われて立ち寄ったのが初めてでした。新宿伊勢丹のルナソルだったような。。

そのときには、「何にも買う気ないけど大丈夫かな??」汗
「こんなほぼノーメイクのダサい奴が行って相手にしてもらえるかな???」汗汗

とビクビクしてしまいましたが、結果は全く、ぜんぜん、大丈夫でした。そしてそれ以来、ちょっと高めのお化粧品は必ずコスメカウンターで試して買うようになりました。

今日は当時の私のように、コスメカウンターに行ってみたいけどなんとなく怖い…!という方の参考になるような記事を書きたいなと思います。

Let’s Go !いざコスメカウンターへ!!

image

ステップ1:気になるブランドの気になる商品のエリアでウロつく

ダサかろうと何だろうと、お客さんが混み合っていなければ美容部員さんたちの方から話しかけてきてくれます。
ただし、声掛けを好まないお客さんに配慮してあまり声を掛けない方針のブランドもあるかと思います。または混雑時なども待っているだけでは話しかけてもらいづらいです。
そんなときはさっさとステップ2へ。

ステップ2:近くの美容部員さんに「すみません~!」と声を掛ける

これをやって無視するお店はないですね。あったらその店舗でわざわざ買わなくても…。
声を掛ける勇気。それがないんだ!!という方は、

①コスメカウンターが混む夕方5時~7時を避けて来店する
②自分の中で一番イケてる恰好をして外見に自信をつけて来店する

で、なんとかなります。
シャネルもディオールもYSLも資生堂も、どこでも、この声掛けもしくはすいてる時間帯に行って話しかけてもらう作戦で大丈夫です。

ステップ3:「○○を探してるんですけど」「○○を試してみたくって」と伝える

この「○○」の部分には、狙っている商品があればその名前。特にない場合には、「アイシャドウ」や「リップ」など大まかなことを言えばヨシです。

ステップ4:「オススメありますか?」

ステップ3までで美容部員さんがいろいろと目星をつけて商品を選んでくれつつカウンター席に案内してくれます。
その際、せっかく美容のプロがいるので意見を聞いてみるのがおすすめです。私はよく、気になった色のほかに、「お姉さんのオススメを教えてください」とか「今一番売れてるの試したいです」とか伝えています。

そうすると、お姉さんも「自分の意見を参考にしてくれてる!役に立つこと教えてあげよう!!」という気持ちになってくれて会話が弾みやすいです。メイクの悩みなんかも聞いてもらいやすい空気になります。

このとき、まったく似合わない色をすすめられたくない場合には、あらかじめ、イエローベースの人は「ブラウンとかオレンジ系でオススメの…」と、ブルーベースの人は「ローズ系やベリー系でオススメの…」と一言添えると、全く似合わないものをすすめられることは防げますよ^^

ステップ5:「ちょっと時間がたってからの雰囲気も見たいので、品番をもらっていいですか?」

いろいろ試したら、最後はこれ。
「買っちゃおう♡」とすぐに思える商品に出会えたらお会計するまでなのですが、迷ったときはとりあえず品番を聞きます。

そうすると美容部員さんも「あ、今日は買わないんだな」と察してくれるうえ、カタログに試し塗りしたコスメの品番を書いて渡してくれます。
ブランドコスメを定価で買えない学生さんなんかは、後でネットで割引品や中古品を探せるのでその点でも便利です。

たったこれだけ!!

これだけでプロのアドバイスを無料で聞けて、高価な商品を試すことができます。じっくり検討して使いかたも聞いたうえで商品を購入できるので満足度も高く、自分が今まで使っていなかったコスメを知るきっかけにもなっておすすめです。

この冬はコスメカウンターに立ち寄っていつもよりもっともっと美人になってみてくださいね✨

Studio Nori ご予約⇒http://studio-nori.com/