専業主婦から仕事復帰したい方へ 外見のブラッシュアップが面接通過のカギ。

image

先日女性向けセミナーでお会いした方がこんなことをおっしゃられていました。

◆「専業主婦から仕事に復帰したいんだけど、まずは見た目から変えないと。これじゃ面接に行けないわ…」

その方の出で立ちはというと、ノーメイクにジーパン、Tシャツ、ヘアトリートメントはご無沙汰の様子でした。確かに、今の彼女はバリバリ働いて活躍する女性像からはかけ離れていて、面接官も同様の印象を持つだろうと思いました。

面接では、その人が自社でどんな風に活躍してくれるかな?という観点から応募者を見ているわけですから、まず見た目からして、働けそうにない印象を与えてしまったり、悪い意味で会社にはいないタイプの人だと思われると、自分の良さをアピールする前に試合終了となります。

◆第一印象は5秒で決まります。

やる気も十分、適性もあるのに、見た目の底上げが足りなかっただけで不合格になるなんてとてももったいないことです。

面接は自分の商品価値を短時間で面接官に売り込むものですので、見た目の良さは、まず初めに、無意識のうちに査定されているのです。

見た目より中身!と意地を張っている場合ではありません。見た目を変えてみることが仕事復帰への近道です。特に、働きに出たいのに勇気がない、という方はぜひ、見た目を変えてみることをお勧めします。

自分の魅力を引き出す色の服やメイクをすることで、自信がつきます。
「あれ?私、思ったより悪くないじゃん!もしかして、イケてるー?!」と、自分を認められるようになり、面接時のオドオドがなくなります。

◆見た目の底上げのコツ 似合う色を把握しよう♡

生まれつき美人である必要はありません。髪の毛がボサボサでないか、メイクが薄すぎていないか、濃すぎていないか、働く人に見えるか。その様な点を意識すれば、大丈夫。鏡を見て、必ず確認してください。
幸いにも服もコスメも素敵なものが低価格で沢山売られています。見た目の底上げはやろうと思えば今日これからすぐに始められます。やってみないなんて損です。

そこで大切なのが、「自分の魅力を引き出す色」をしっかりと把握することです。メイクをしているのにしていない様に見えたり、逆にあまりしていないのに濃く派手に見える場合には、メイクの色が間違っています。メイクの色があっていると、しっかりとメイクをしているのに厚化粧にはならず、シミ、シワ、クマ等も薄く見えます。つまり、若々しく元気に見え、「この人、働けそう!」という印象を相手に与えることができます。

自分自身で似合う色を探し出すのは少し大変です。好きな色と似合う色は違っていることが多いので、「似合う色」を勘違いしやすいのです。

ですので、似合う色を探す際は、パーソナルカラーアナリストなどプロにお願いするのが確実だと思います。

メイクの色に加えて、面接に着ていくお洋服にも似合う色や素材を取り入れると完璧です。面接用にスーツを新調するのなら、黒がいいのか、グレーがいいのか、ネイビーがいいのか。ストライプが入っていた方がいいのか、光沢のある生地がいいのか。それぞれ個人個人で最適なものがあります。

◆周囲の反応が一変! 似合うものを身につけるメリット

メイクもお洋服も、完璧にお似合いになるものに身を包んだ時、周囲の反応の違いに驚くことでしょう。好きなお洋服・メイクをしてはダメというのではありませんが、似合うお洋服・メイクで出かけた日に目の当たりにする周囲の反応に、「好き」より「似合う」を優先するファッションの楽しさに目覚めるはずです。そしてそんな自分に自信が芽生えます。

面接にもきっと通過しやすくなるでしょう。

外見のブラッシュアップが仕事復帰の鍵であるということがお分かりいただけたでしょうか?

Studio Noriでは、パーソナルカラー診断でお似合いの色のグループをみつけ、診断後のフルメイクで効果を実感していただくことができます。仕事に復帰したい、もう一度仕事モードに戻りたい、という女性の皆さんを応援しています。

東京・日本橋 パーソナルカラーサロン
Studio Nori ご予約はコチラ→http://studio-nori.com