30代からの服選びが苦痛になる原因は「思ったように綺麗にならない」せい

30代40代がファッションの悩みから自力で抜け出せない原因は「思ったように綺麗にならない」せいです

このことがすべてのやる気をそぎ、服選びを億劫なものにしてしまいます。

若い頃って何を着ても綺麗で可愛くてそれなりに見える。

それが30歳をすぎて35にもなってくると「あれ?あれ??あれれ???」ってことが連続で起こってしまって服選びがドツボに。

「去年まで着ていた服が似合わない」
「というか何を着ても似合わない」
「最近の服はどこから手を出したらいいのか分からない」
「服を1枚買ったところで、コーデが一昔前の物しか思いつかない」

結局何をやっても思ったようには綺麗にならないからどんどんオシャレが苦痛で面倒なものになってしまいます。

◆◆◆

人生のステップはそれぞれだからヨレヨレの時代があっても全然いい。だけど…

仕事や私生活に忙殺されて、とても人前に出ていく気になれないヨレヨレの時代ってありますよね。でも、そんなときにだって綺麗な私で登場したい日が年に何回かあるんです。

近所のスーパーなら気にならなかった格好も、久々のランチ会ではちょっと気後れするかんじ。

そして実際友達と会うと皆綺麗だったりしてますます落ち込んで「どうせ私なんか」モードに。

そんな人は、お出かけの日と普段のお洋服とをはっきり使い分けても良いと思います。

普段はお子さんと遊んでも気にならない恰好でお洒落の優先度は低くても良しとし、一方でショッピングモールに行くときの服はすこしお洒落なものにするとか。そうすれば公園では履けなかったようなスカートも履けます。

じゃあそのちょっとお出かけする日のお洒落はどうしたらいいのか?

これまで通りの服選びではそろそろ危ういなというときは、自分のセンスのみでやろうとしないことが大事です。

◆◆◆

若い時、何を着てもそれなりに綺麗なのはお肌が綺麗・髪が綺麗・体形が綺麗だから

あなたは本来はもっと綺麗で、服選びのせいで損なんかするべき人ではありません。

でもなんで思うように綺麗にならないかというと、やっぱり30代はお肌の転換期だから。

30歳を過ぎたら、お洋服やメイクですこしだけ補正してあげる必要があります。この補正するという概念が20代まではなかったため、自分のセンス=好きなもの一辺倒でお洋服選びをしてきたと思いますし、それでそれなりに見えていたと思います。

でも、現実は体に厚みも出て来ます。ウエストインが出来なくなってきます。メイクも流行だけではおかしい感じがしてきます。

だから自分の体の特徴を知り、似合うものを理解し、積極的に取り入れていく必要があります。

センスだけで選ぶのではなくて、「どうして私はこれが似合わないのか?」「なぜこうしたほうが似合うのか」を知ってその知識を使って服選び・コスメ選びをすると「思ったより綺麗にならない」はなくなります。

試着室に行って鏡を見るたびに「なんか違うなぁ」「がっかり…」となるのをやめられます。

服選び、コスメ選びはパーソナルカラー診断&骨格診断で分かるようになりますよ。ぜひお申込みください。お申込みはこちら


ありのままの私に輝きをプラスする
お洒落を習って理想の生き方を叶えましょう

by Studio Nori 松本典子 

【関連記事】
Studio Noriでは「あなた主演の映画のチケット」を売っています
あなたが何を着ても似合わない理由
◆ 「おしゃれ迷子 30代」で検索したことがある人集まれ

Studio Noriでは、緊張することは全くありません。
困っていること、こうなりたいと思う希望の姿などお伺いしていきます。

・パッとしない
・おしゃれのやり方が分からない
・疲れて見られる
・メイクが映えない
・自信がない
・何を着てもピンと来ない  etc…

なんでもご相談ください。